yamasanfujiya

社長のご挨拶見出し

  • 代表取締役社長瀧澤順久
  • 「佐渡へ佐渡へと、草木もなびく、佐渡は四十九里、海の上」
    私の故郷は、この佐渡おけさの本場の佐渡です。そこから、明治38年11月3日の天長節に、この千歳にやって来ました。
    疲れた足を引きずるように、ようやく峠の頂上に立ち、千歳村を見たとき、なぜか急に悲しくなり、その場に崩れるように腰を下ろしてしまいました。
    なぜなら、峠の下にある千歳村を見たとき、あまりの寒村に驚き、あたかも心の 支えをなくしたような絶望感にさいなまれました。
    この話は、創業者であります「渡部榮蔵」翁が19歳の若さで商いの決意を固め、はじめて千歳の地に入ったときのことです。

    以来、いまの千歳市本町に山三の屋号を掲げて雑貨屋を始めたのが、山三ふじやグループの始まりであります。
    それから100年の間、幾多の苦難を乗り越えて、千歳の歴史と共に歩んで参りました。
    大正15年、千歳着陸場の建設に際しては、村民の皆さんに呼びかけ、村民大会を開き、無償の奉仕 活動のもと、一本の着陸場を作り上げ、北海一号機を迎えました。
    これが現在の新千歳空港の 母体となり、千歳の発展の大きな転機になりました。 その時の喜びと感動は、”事に当たって一致協力する=「スピリット・オブ・チ トセ」”として、山三ふじやの象徴精神となり、今日に受け継がれております。

    千歳の発展と共に、山三ふじやもまた、その時代時代のニーズに合わせ、生業か ら家業へ、家業から 企業へと、地域に育まれながら多方面にわたり事業を広げ、 現在、8企業からなる山三ふじやグループを構成するに至りました。
    平成17年創業百年を迎えることができ、これを新たな「創業元年」と位置づけ、先人の残した 尊い精神を受け継ぎ、前掛け姿の商人として、社員一同が心を一つにして、次の100年に向けて、その第一歩を強く踏み出し、社業に邁進いたします。
    なにとぞ倍旧のご愛顧・ご高配を賜りますようお願い申し上げます。